黒子の種類や特徴など、黒子に関することについて

サイトメニュー

切除する方法とは

女性

肌の悩みを解決する施術

顔のパーツが気になって美容整形を行う人も多いのですが、パーツではなく肌にコンプレックスを抱えている人も少なくありません。肌荒れや傷跡、ニキビや毛穴の開きなど、抱えている悩みは個人で異なります。その中でも自分でケアしてもどうすることもできないものがほくろです。ほくろはメラノサイトが皮膚の一部に集中して集まってできたものです。赤ちゃんのときにはほくろはありませんが、生活していく上で段々と発生します。中には平らなものではなくいぼ状に膨らんで成長するものもあるでしょう。大体は良性なのですが、中には悪性で除去しなければ身体に悪影響を及ぼしてしまうケースもあります。そんなほくろですが、実は皮膚科や形成外科で除去することが可能です。美しさを重視した仕上がりを求めるのならば美容皮膚科や美容外科がおすすめです。検査に出す場合は健康保険が効きますので1万円前後で除去することができます。施術の方法によっても料金設定が異なりますし、クリニックごとに取り入れている手法も異なります。ほくろ除去の評判の良いクリニックですと安心して施術が受けられますのでクリニックをリサーチすることからはじめましょう。医学の向上もあり、ほとんど跡を残さずきれいに除去ができます。

ほくろを除去する方法としては炭酸ガスレーザーやくり抜き法、そして切除縫合法などがあります。肌への負担が少ない炭酸ガスレーザーは美容皮膚科や美容外科で主流の切除方法です。レーザーを利用して患部を照射していきます。数回施術を行えば完全に除去できますし、切除しませんから跡が残りにくい施術としても人気の方法です。大きいほくろを除去する場合は根元から完全に絶たなければなりませんのでくり抜き法や切除縫合法が選択されることが多いでしょう。くり抜き法は名前の通り患部をくり抜いて除去する方法です。くり抜いた跡に関しては自然に新しい皮膚が出来るのを待ちます。切除縫合法は患部の周りの皮膚ごと切除して傷口を縫合して除去する手段です。縫合することによって傷の治りが早いというメリットがあります。どの治療においても言えることがアフターケアの大切さです。傷口を治す過程としてかさぶたを無理にはがしたり、患部を日にさらして日焼けさせてしまうと後々色素沈着してしまう恐れがあります。炎症を抑える軟膏を塗る以外にもテープで患部をふさいでおくことがポイントです。除去したあと、完全に傷がふさがるまでの期間には個人差がありますが、時間が経つにつれて徐々に目立たなくなり最終的には他の場所と変わらないくらいに皮膚が再生します。