黒子の種類や特徴など、黒子に関することについて

サイトメニュー

跡が残りにくい除去方法

診察

保険適用内での治療も可能

小さいほくろならばそこまで目立ちませんが、いぼ状になっていたり大きいものに関しては人の目に付きやすくコンプレックスに感じる人も珍しくありません。人から見たらあまり気にならないものだとしても、自分にとっては悩みの種になっているという人も多いことでしょう。ほくろを隠すアイテムやコンシーラーを駆使すれば目立たなくすることも可能な場合がありますが、大きいものに関しては逆に目立ったしまうこともあります。自力で除去しようとしても傷跡が残ってしまい取り返しのつかない状態になることもないとは言い切れません。ですので、除去するのならば専門のクリニックを受診したほうが得策です。実はほくろは保険が適用されることが多い治療ということをご存知でしょうか。中には悪性のものもありますから、除去したものを検査に出す前提で治療を行う場合はほとんどが保険適用になります。三割負担で良いので治療費に関しては施術内容によっても異なりますが数千円から2万円程度とリーズナブルな価格で除去することができるのです。もちろんクリニックによって費用は異なりますし、治療の仕方や推進している施術の内容が異なりますので、実際に施術する前にカウンセリングを受けてから決めたほうが安心かもしれません。

ほくろを除去する方法にはいくつかの種類があります。最近主流になってきたのが炭酸ガスレーザーでの除去方法です。多くの美容外科や美容皮膚科で取り入れている除去方法です。形成外科や皮膚科でも受けられるクリニックもありますが、仕上がりを重視するのならば美容目的で治療してくれる美容外科や美容皮膚科が良いでしょう。形成外科でも仕上がりを重視した治療を受けることができますので、通える距離にあるクリニックのほくろ除去の評判などを調べた上で決めてみてはいかがでしょうか。皮膚科でも美しさを重視して仕上げてくれるところも増えてきましたが、基本的に疾患を取り除くのがメインになります。クリニックごとに方針などが異なりますので比較してみてください。炭酸ガスレーザーはレーザーを用いて照射していく方法ですので、傷跡が残りにくい施術としても人気です。アフターケアをしっかり行えば、ほとんど傷跡を残すことなく除去できるのも人気の理由でしょう。大きなほくろやいぼ状のものに関しては再発の恐れがありますので根本から除去するという意味でもくり抜き法や切除縫合法を選択したほうが良い場合もあります。一時的に傷が出来ますが、軟膏を塗りテープで保護して日焼け対策を行うことで傷跡が目立ちにくくなります。