黒子の種類や特徴など、黒子に関することについて

サイトメニュー

アフターケアが丁寧です

医者

仕上がりの美しさを重視しています

ほくろは茶褐色や黒っぽい形状をしており、出来ている部位によっては、老けて見えることもあります。顔や体の目立つ部位にあったり、数が多い場合は、容姿に悪影響が出てしまうので、ほくろ除去を受けたい人が増えています。美容皮膚科のクリニックでは、診察やカウンセリング、病理検査などを行っています。良性なのか、悪性なのかを診断してもらう必要があります。美容目的の治療の場合は、基本的には保険適用は受けられませんが、治療が必要なケースは保険が効くこともあります。直径が1?以上だったり、皮膚から盛り上がっている場合は、切除縫合法を提案してくれます。切除縫合法は電気メスで切除をして、極細の糸を使って縫合をする方法です。一回の治療で済むことが多く、レーザー治療に比べると再発が少ないなどのメリットがあります。多少の傷跡が残る可能性があるので、納得が行くまで医師と相談することが大事です。美容皮膚科のクリニックでは、仕上がりの美しさを重視したほくろ除去を行っています。レーザー治療は、複数の医療機器を使ってほくろを削り取っていく方法です。盛り上がっている形状の場合は、レーザーを使って凹凸が出来ないように平坦にしていきます。切除縫合法に比べると、傷跡が目立ちにくく、きれいな仕上がりが特徴です。

美容皮膚科のクリニックで、ほくろ除去の治療を受けたい場合は、まずは無料カウンセリングを受けることが大事です。皮膚の形状に応じた治療法を提案してくれるので、納得が出来たら同意書に捺印や署名をする必要があります。初めて受診をする時は、健康保険証や運転免許証などの身分証明書が必要です。悪性のほくろの場合は治療が必要なので、切除縫合法の場合は保険適用が受けられます。同意書に捺印をする必要があるので、印鑑を忘れずに準備をして下さい。カウンセリングを受けた当日は、ほくろ除去の施術を行うことはないので、安心して通院が出来ます。レーザー治療や電気メスによる切除を受けた時は、お肌が大変デリケートになっています。施術を受けた後は、肌色の絆創膏を貼ったり、外用薬を塗ったり、内服薬を服用する必要があります。レーザー治療は仕上がりの美しさが特徴ですが、再発がしないか心配は人がほとんどです。施術後のアフターケアが丁寧で、保証期間が付いている美容皮膚科のクリニックがお勧めです。ほくろの根が深い場合は、再発をすることもあるので、保証期間が付いていると治療を受けられるので安心です。現代は医療技術が向上しているので、安全性に優れており、仕上がりの美しいほくろ除去を行っています。