黒子の種類や特徴など、黒子に関することについて

サイトメニュー

除去の方法やメリット

医者

施術の種類や経過について

目立つほくろをどうにか取りたいと考えているのならば病院で除去してしまうというのも選択肢のひとつです。ほくろは自分で除去することは難しいですし、場合によっては悪性とも考えられますから病院で除去するのが一番です。大抵のほくろに関しては良性なのですが、いぼ状になっているものや段々と成長しているものに関しては危険度が多少上がりますから、見た目の問題以前に除去したほうが安心かもしれません。悪性か良性かの検査に出す前提ならば基本的に健康保険が適応されますので、費用に関しても数千円から1〜2万円程度で受けることができます。まずはクリニックに相談してみることからはじめてください。ほくろの除去は皮膚科や形成外科で受けることができます。皮膚科の場合は疾患を治療する目的で行われるので、除去後の美しさを求めるのならば形成外科を選択したほうが良いでしょう。また、美容目的の治療を受けることが出来る美容皮膚科や美容外科でも除去の治療を受けることができますし、美しさを重視して取り除いてくれますから、多少値段が上がったとしても傷跡を出来るだけ目立たないようにしてくれます。クリニックごとに健康保険が適応できるかどうかや料金設定が異なりますので比較してみることも重要です。

ほくろを除去するとなると高額な費用が掛かると考えている方も中にはいるかもしれませんが、実際には状態によっては保険が適応されますので安価で除去することが可能です。ほくろを除去する方法としては炭酸ガスレーザー、くり抜き法、切除縫合法があります。炭酸ガスレーザーは最新の治療としても人気を呼んでいます。レーザーで患部を照射することによって除去することができるのです。炭酸ガスレーザーの場合は保険が適応にならない場合もありますのであらかじめクリニックに確認しておきましょう。保険適応になった場合は1万円から2万円程度で受けることが可能です。ほくろが大きい場合は根元から除去したほうが再発の恐れが少なくなりますので、くり抜き法や切除縫合法が選択されることが多い傾向があります。くり抜き法は患部をそのままくり抜く形で陥没したところに関しては自然に塞がるのを待ちます。切除縫合法は患部の周りの皮膚も除去して除去した部分を縫合する施術方法です。縫合することによって傷の治りも早くなります。縫合してもよれにくい場所に関しては切除縫合法が使用されることが多く、鼻など縫合すると見た目に影響が出てしまう場合はくり抜き法を選択することが多いとされています。料金に関しては保険適応の場合数千円から1万円前後で行うことが可能です。