黒子の種類や特徴など、黒子に関することについて

サイトメニュー

黒子は良性の母斑

女性

黒子に関する情報

ほくろは、メラノサイト(メラニン色素を含む細胞)が皮膚の一部に高密度で集まってできた母斑(皮膚の奇形)の一種です。真皮層と表皮層の間にできる母斑細胞の位置によって、種類は決まっています。母斑細胞が、真皮層と表皮層の境界付近に存在している場合(境界母斑)、皮膚に沿って平坦なほくろになります。平坦なものには「クラーク母斑」や「スピッツ母斑」が挙げられます。「クラーク母斑」は最も一般的なほくろで、体の至るところに生まれつき発生しています。良性で、特に気にする必要はありません。成長するにつれて色が濃くなる特徴があります。「スピッツ母斑」は、主に小児に発生している良性の母斑です。「クラーク母斑」よりも色が濃く、よく悪性腫瘍である「悪性黒色腫」と間違うことがあります。丸みを帯びていれば、「スピッツ母斑」だと診断することができます。母斑細胞が主に真皮層に存在している場合、皮膚に対して膨らんだ形のほくろになります。出っ張ったものには「ミーシャ母斑」や「ウンナ母斑」が挙げられます。「ミーシャ母斑」は顔面によく現れ、7mmほどまでドーム状に隆起することが特徴です。「ウンナ母斑」は頚部や体幹部などに現れる桑実状に盛り上がった母斑で、「ミーシャ母斑」に比べると発生する確率は低いです。どちらも良性の母斑なので、レーザー治療や外科的切除によって取り除くことができます。

ほくろの原因となるメラニン色素ですが、メラニン色素は太陽からの紫外線を吸収することが知られていて、紫外線による細胞核内のDNA破壊を阻止する効果があります。メラニン色素は肌を黒くするからいけないわけではなくて、肌を紫外線から守ってくれています。ほくろは一般に良性で除去の必要はありませんが、どうしても除去したい場合には、外科的切除とレーザー治療による切除が考えられます。外科的切除は傷跡が目立たずに行えて、しかも保険適用なので経済的にも安心です。レーザー治療はスマートな切除方法ですが、大きな部位の場合には傷跡が残りやすく目立ってしまうので、比較的小さな部位の除去に適しています。大きな部位の場合は、外科的切除が理想的です。ほくろは、よく「悪性黒色腫(メラノーマ)」と間違えられることがあります。悪性黒色腫は年間1500人ほどの日本人が発症している悪性の皮膚がんで、メラノサイトががん化することによって生じます。転移のスピードが早く、短期間で大きくなることが多いです。皮膚科では「ダーモスコープ」と呼ばれる拡大鏡によって、悪性黒色腫が生じているかどうかの判断を行っています。ほくろとは違って、悪性黒色腫は正常な皮膚との境界があまりはっきりしていない場合が多く、それが自身でできる判断の基準となります。もし、疑いがある場合には、すぐに皮膚科でダーモスコープの判断をしてもらうのが賢明です。

診察

跡が残りにくい除去方法

目立つほくろは除去してしまったほうがすっきりしますし、長年の悩みも短期間で解消することができます。ほくろの形状によって推進されている治療方法が異なりますので、ほくろ除去に興味があるならまずはカウンセリングを受けてみましょう。
医者

アフターケアが丁寧です

美容皮膚科のクリニックでは、目立つほくろや数が多い場合は、ほくろ除去の治療を行っています。電気メスによる切除縫合法や、レーザーを使って患部を削り取る方法などがあります。良性なのか悪性なのかを診断する必要があるので、病理検査を行っています。
女性

切除する方法とは

肌の悩みのひとつとしてほくろがありますが、自分で取ることは難しいですし、自己流で取ったとしても跡が残る可能性が高くなります。クリニックではほくろ除去を行うことができますし、跡も残りにくく仕上がりも綺麗です。
医者

除去の方法やメリット

ほくろは病院で綺麗に除去することができます。ほくろ自体、自力で除去することが難しいですから無理に取ろうとしないで専門機関で行うことをお薦めします。保険適応になることも多いので費用に関しても安く行うことが出来る場合も多いのです。

人気記事

診察

跡が残りにくい除去方法

目立つほくろは除去してしまったほうがすっきりしますし、長年の悩みも短期間で解消することができます。ほくろの形状によって推進されている治療方法が異なりますので、ほくろ除去に興味があるならまずはカウンセリングを受けてみましょう。
医者

アフターケアが丁寧です

美容皮膚科のクリニックでは、目立つほくろや数が多い場合は、ほくろ除去の治療を行っています。電気メスによる切除縫合法や、レーザーを使って患部を削り取る方法などがあります。良性なのか悪性なのかを診断する必要があるので、病理検査を行っています。
女性

切除する方法とは

肌の悩みのひとつとしてほくろがありますが、自分で取ることは難しいですし、自己流で取ったとしても跡が残る可能性が高くなります。クリニックではほくろ除去を行うことができますし、跡も残りにくく仕上がりも綺麗です。
医者

除去の方法やメリット

ほくろは病院で綺麗に除去することができます。ほくろ自体、自力で除去することが難しいですから無理に取ろうとしないで専門機関で行うことをお薦めします。保険適応になることも多いので費用に関しても安く行うことが出来る場合も多いのです。